【勝手に一人談義】理想のカップルはこんな人達!

世の中にはさまざまなカップルがいますが、カップルによって関係性はさまざまです。
一般的にお互いのことを大好きでい続けるカップルが理想的ではありますのが、べたべたしているだけの関係よりも一緒にいて楽しいと思える関係が理想ではないでしょうか。
恋愛が長くなると、最初は甘い雰囲気の関係ですがだんだん変わってきます。
関係が落ち着いてきても一緒にいられるのは、お互いに楽しいと思えるからでしょう。
例えば、一緒にゲームをしたり食事をしたりするときに、お互いが楽しいと感じる点が同じだと一緒に何かすることが楽しいことになります。
恋愛というよりも友達や家族に近い関係になっているかもしれませんが、年齢を重ねるとその様な関係が心地よく感じます。
このような関係を築くことができれば、今後何年たっても一緒に何かすることができる素敵なカップルだと思います。

もうひとつ理想的な関係は、お互いの欠点をうまくカバーし合える関係です。
一般的に女性のほうがきれい好きで料理もできるケースが多いですが、苦手な女性もいます。
男性が部屋を散らかして、女性が片付けるというのは良く見られますが、多くの場合女性がストレスに感じていることもあります。
お互いに欠点を認めることで、できるほうがやるというルールが生まれます。
もっと理想的なのは、片付けることが苦手な相手をうまく誘導して一緒に片付けをしたり家事をしたりすることができる関係です。
このような関係なら、ケンカも少なく一緒に頑張ろうという気持ちになれるでしょう。

恋愛関係は、不思議なもので付き合い当初のどきどきしていた気持ちがなくなっても相手を好きでいられることは難しいでしょう。
しかし、長く付き合っていてもお互いのことを大切にしている関係を築いているカップルが理想です。
そこには、お互いに相手を尊重する気持ちと愛情があります。
また、たくさんのことを乗り越えてきたからこその絆も生まれるでしょう。
恋愛当初は相手のことしか見えない状態であっても、落ち着いてくるとさまざまなことが見えてきます。
当然相手の欠点や許せない部分もあるでしょう。
そういったこともひっくるめて、一緒いられるカップルになりたいと感じています。
実際にその様な相手と出会えることは、稀なことで奇跡に近いかもしれません。
気を使わず一緒にいられるけど、相手を尊重することができる優しい関係を築いている二人はとても幸せなのではないでしょうか。

同棲カップルの喧嘩あるある

恋愛する際に、カップルで同棲をするというのはよくあることですが、その際に喧嘩をしてしまうというのもよくあることです。
同棲となると一緒にいる時間が長くなりますから、大きな喧嘩はなくても、ちょっとした言い争いぐらいはしてしまうものです。
例えば、同棲中のカップルがよくしてしまう喧嘩のパターンといえば、仕事絡みのことです。
パートナーが仕事から帰ってきた時に不機嫌だと家の中の空気が悪くなってしまい、ちょっとしたことで言い争いに発展しがちです。
普段は仲が良くても、仕事場で嫌なことがあったり、残業で遅く帰ってきたりすると、仲が悪くなってしまいがちです。
恋愛というのは、ただ相手を好きで入ればうまくいくものではありません。
恋愛は、相手に好かれることも必要です。
そして、好きというのは幅広いもので、相手のことをどれだけ受け入れられるかというのが重要になってくるものです。
仕事帰ってきたパートナーが不機嫌な場合ですと、早く機嫌をなおしてもらえるように振る舞うことが大切です。
といっても、ただ口で機嫌をなおすよう言うだけでは、気持ちを理解してもらえていないと思われがちです。
ですから、ゆっくり落ち着いて話を聞くことが大切です。
なかなか話をする気にならないという場合もあるでしょうが、そういった場合には平静さを意識して、相手を刺激しないよう、落ち着いて対応することが大切です。
こういった状態の時というのは、何か質問されたり、お願いされるのが負担になるものです。
ですから、距離のとり方や接し方に注意する必要があります。
恋愛でうまくいく人というのは、相手との距離のとり方というのが、とてもうまいものです。
必要な時にそばにいてあげて、そっとしておいてほしい時には、少し距離をとって相手を見守っているのです。
良くないのは、相手がまともに話せる精神状況ではないからといって、自分のことばかり考えて、呑気に振る舞うことです。
例えば、ゲームに夢中になって、大きな音を出しながらプレイをしたり、お笑い番組などを見てゲラゲラ笑ったりするのはやめておいた方が良いものです。
嫌なことがあってつらい時や疲れてヘトヘトな時に、相手のこういった呑気な姿を見るとカチンときてしまい、それが原因となって喧嘩に発展してしまう恐れがあります。
カップルで同棲をしていると、楽しいことばかりではありません。
時には、つらそうな姿を目にすることもありますから、そういった時の対応の仕方がとても重要になってくるものです。