夫婦になったらプレゼントも変わる?

恋愛中は誕生日やクリスマスなどのイベントごとに、きちんとプレゼントを送っていたという人は多いでしょう。
アクセサリーや腕時計、バックや洋服など、割と高価な物を送っていた人もいるのはないでしょうか?しかし結婚すると恋愛中とはプレゼントも様変わりすることがあります。
夫婦になったとたんにあまり凝ったプレゼントを送らなくなったり、プレゼントどころか記念日すら忘れてしまう人もいるのです。
記念日を忘れられて女性が怒っているのは良くある光景です。
男性の方が日々の生活に追われて忘れがちになってしまうのですね。
元々きちんと送り合っていたカップルだと余計に不満に思いますね。
恋愛中のカップルと夫婦の違いは温度差にもあります。
デートを楽しんでいた付き合いが、毎日の生活へと変わるのです。
ラブラブな恋愛が現実味のある毎日になるので、今までのように常に自由に楽しむという事が少なくなります。
男性は今まで一人で自由に使えたお金を、家族で使うお金にする必要が出てきます。
お小遣い制にしている夫婦も多いでしょう。
それゆえ金銭的な余裕も少なくなるのです。
少ないお小遣いで苦労している男性も多いですからね。
さらに子供ができたら子供に手間をかけるのが優先になります。
子供のためや、家族全体で使うお金が大半になるでしょう。
中には釣った魚には餌をやらないという考えの人もいるかもしれません。
今までは色々プレゼントをして結婚まで辿り着いたら、急に安心感と落ち着きが出てしまうのです。
手のひらを返したように何もしなくなってしまう人もいます。
しかしあまりに態度が変わると、不満が大きくなりトラブルにつながることも。
何より相手をないがしろにしない事です。
結婚後は昔より豪華ではなくなっても、気持ちが一番大切になってきます。
誕生日や結婚記念日に小さな花束やスイーツでも嬉しいですよね。
男性にも高くはなくても下着やハンカチなどでも喜ぶでしょう。
お互いを思いやる気持ちがあれば、自然と何かをしてあげようという気持ちになります。
そしてきちんと言葉かけもしましょう。
ありがとうやお疲れ様など当たり前だけどなかなか言えない言葉もあるでしょう。
言葉を添えるだけで随分と贈り物に対する印象が変わってきます。
これは夫婦でも恋愛中でも他人でも大切なことです。
たとえ結婚して記念日のあり方が変わってしまっても、感謝の気持ちを忘れずにしましょう。
何かを送るという事は、物だけに限ったことではないですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です